屋根塗装

屋根塗装で快適な住まいを守りましょう

屋根は外壁よりも過酷な環境下にあるため、その分傷むスピードも早いもの。

猛暑の直射日光では屋根の温度が約40~50度にものぼり、真冬には雪が積もったり、梅雨時期には数日間雨が降り注ぎます。
そうした外的要因から、私たちの暮らしを守る役割を担っているのが、屋根なのです。

だからこそ、少しのトラブルでも見逃すわけにはいきません!
しかし、外壁のようにご自身でチェックしづらい部分ですので、適切な塗り替え時期を見逃してしまいがち…。

そこで参考にしていただきたいのが、外壁の状況です。
外壁に気になる症状があれば、屋根にも同様の症状が起きているケースがほとんど。

一番オススメしているのは、外壁と一緒のタイミングを塗り替えることです。
塗装は耐久性のある建材の上に施すことで、本来の効果を発揮します。

脆くボロボロな建材に、いくらグレードの高い塗料を塗っても、「もったいないだけ」と言えます。
あちこちで雨漏りが起きる前に、屋根塗装で住まいの健康を守りましょう。

 

塗料の種類

断熱塗料
熱の伝導を抑える働きがある断熱塗料。
夏場は太陽光の熱が室内に伝わるのを防ぎ、冬場は室内の熱を外へ逃がさないため、一年を通して快適な室内環境が実現します。

遮熱塗料
太陽の近赤外線を反射することで、室内の温度上昇を防ぐ塗料。
製品によっては、屋根の表面温度上昇を、最大で10~15度も抑制することができます。

光触媒塗料
お子様や高齢者がいらっしゃるご家庭など、環境を見直したい方にオススメなのが光触媒塗料。
光を照射することで、有機物を分解し、カビや排気ガスによる汚染を防止。
ホルムアルデヒドなどの有害物質を削減することができます。

防カビ・防藻塗料
各塗料メーカーから様々な種類が製品化されており、中でも防カビ材が添加されているタイプが多く見られます。
カビや藻はそれ自体が湿気を多く含み、外装材を傷める原因になりやすいもの。
日当たりの悪い立地の場合は、特にこの塗料がオススメです。

一覧ページに戻る