シーリング

建物の隙間を埋める、シーリング工事

外壁の部材と部材の間に、グレーのゴム状のものを見かけたことがあると思いますが、それこそがシーリングです。
サイディングなどの外壁材同士のつなぎ目や、サッシまわりに存在する目地を塞ぐことで、建物への水分の浸入を防ぐ役割があります。

そのシーリングに、ひび割れやちぎれ、剥がれなどの症状が生じると、建物の躯体部分の腐食を招いたり、大規模な修繕工事が必要になることも…。
そのような事態に陥らないように、シーリングの劣化が見られた際は、早めに対処されることをオススメいたします。

 

シーリングの役割

□ 湿気や雨水の浸入を防ぐ
□ 部材や外壁材同士を塞ぎ、建物の気密性を保持する
□ 壁材の変形や伸縮を受け止めるクッション材として
□ 経年劣化からくる、外壁のひび割れを埋める充填材として

一覧ページに戻る